商標出願の費用

※お客様が法人である場合、源泉所得税分が差し引かれます。
※印紙代とは、特許庁へ納める費用です。消費税はかかりません。
※下記金額の単位は、全て「円」です。

相談・調査

商標登録出願を行う前の相談・調査時に掛かる費用です。

相談形態など 弊所手数料(税別) 備考
電話・メールでの相談 0 個別案件を詳しくお伺いしません
面談
※1時間当たり
10,000 手続依頼があった場合、無料
出願前簡易調査 0 ※1
※1 出願前の商標調査(識別力の強弱、類似商標の有無を調査)を行った結果、商標登録出願の手続きを中止することになった場合、15,000/類似群コードの調査料を頂戴いたします。商標登録出願を行う場合は、商標調査料は無料です。

出願時費用

印紙代は「3,400+区分数×8,600」円となります。

区分数 印紙代 弊所手数料(税別)
1 12,000 60,000
2 20,600 80,000
3 29,200 100,000

※商標登録の成功謝金は、1区分目40,000、2区分目以降20,000/区分となります。

登録時費用(5年間分の登録料を支払う場合)

※商標登録の際、支払う登録料を「10年間分」とするか「5年間分」とするかをご選択頂けます。5年登録の場合、印紙代は「16,400×区分数」円となります。

区分数 印紙代 弊所手数料(税別)
1 16,400 10,000
2 32,800 10,000
3 49,200 10,000

登録時費用(10年間分の登録料を支払う場合)

※商標登録の際、支払う登録料を「10年間分」とするか「5年間分」とするかをご選択頂けます。10年登録の場合、印紙代は「28,200×区分数」円となります。

区分数 印紙代 弊所手数料(税別)
1 28,200 10,000
2 56,400 10,000
3 84,600 10,000

拒絶理由通知への対応

審査官より拒絶理由が通知された場合は、意見書・補正書を提出することが出来ます。

対応内容 弊所手数料(税別)
意見書の作成・提出
(区分数が1つの場合)
60,000

※手続補正書を提出する場合は、追加手数料が30,000となります。また、区分数が増加すると、弊所の手数料も増額されます。
※草案を修正する場合の手数料は、事前面談の範囲内であれば無料で行います。

ページの先頭へ